2010年04月01日

冬賞与、初の40万円割れ=減少率最大の9.3%−厚労省調査(時事通信)

 厚生労働省が31日発表した毎月勤労統計調査(確報、従業員5人以上)によると、2009年11月から今年1月までに支払われた冬のボーナスは平均38万258円で、1990年の調査開始以来、初めて40万円を下回った。前年冬と比べた減少率は9.3%と過去最大だった。毎月の収入が低迷する中でのボーナスの落ち込みは消費マインドを一段と萎縮(いしゅく)させ、物価が持続的に下落するデフレの長期化要因になりそうだ。
 厚労省は大幅減の理由として、世界的不況を受けた企業の人件費抑制に加え、「ボーナスが極端に低いパートや派遣など、非正規労働者の増加も影響した」とみている。
 ボーナス減少率を業種別に見ると、製造業の14.8%(平均支給額43万7406円)、卸売・小売業の11.0%(同27万7112円)などが目立つ。全14業種のうち、増加したのは建設業など3業種だけだった。
 一方、同時に発表された2月分の調査結果(速報値)によると、基本給や残業代などすべて合わせた現金給与総額は、全産業ベースで前年同月比0.6%減の26万4456円と21カ月連続のマイナスだった。残業代など「所定外給与」が8.7%増加したものの、「所定内給与」が0.9%減少した。 

【関連ニュース】
デフレ脱却議連が発足=民主
デフレ議連、30日に設立=政府・日銀の取り組み議論
計3回、殺虫剤を混入=「給与格差で報復」と呂容疑者
首相記者会見の要旨
郵貯限度額、修正に否定的=30日の結論目指す

<黒澤明財団>佐賀・伊万里市長が新たな契約表明(毎日新聞)
<JR福知山線事故>検察官役に弁護士3人指定 神戸地裁(毎日新聞)
足利事件あす判決 菅家さんに聞く「真実明らかに」(産経新聞)
首相「企業団体献金の禁止に踏み込み根っこを絶つ」(産経新聞)
両目がピカッと 太陽の塔“爆発” 万博公園でセレモニー(産経新聞)
posted by アオヤギ マサヒロ at 03:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。