2010年03月01日

立栄航空

立栄航空(りつえいこうくう)は、台湾(中華民国)の航空会社。エバー航空の子会社として国内線や近距離国際線、国際線チャーター便を運行している。昨今の新幹線との対抗に押され、台北?高雄の全面運行停止を発表。今後は新幹線と競合しない国内線や、台中や高雄など台北以外からの近距離国際線に力を入れていく方針である。概要立栄航空は馬公航空公司を前身として1988年8月6日に発足した。1995年にエバー航空の子会社となった後、1996年3月に正式に現在の名称となった。1998年に競争力強化のため台湾政府主導で大華航空(Great China Air)及び台灣航空(Taiwan Airways)と合併して現在に至る。立栄航空の運行する路線ではビジネスクラスとエコノミークラスが用意され、ビジネスクラスの旅客はエバー航空のラウンジが利用できる。立栄航空の IATA コードは B7、ICAO コードは UIA、コールサインは Glory である。就航路線国内線 MD-90-30 "B-17918" DHC8-200 "B-17201"台北/松山 - 馬祖北竿台北/松山 - 馬祖南竿台北/松山 - 金門台北/松山 - 馬公台北/松山 - 屏東台北/松山 - 恆春台北/松山 - 台東台中 - 馬祖南竿台中 - 金門台中 - 馬公嘉義 - 金門嘉義 - 馬公台南 - 金門台南 - 馬公高雄 - 金門高雄 - 馬公国際線高雄- ホーチミン高雄- ハノイ保有機材MD-90型機 11機DHC-8-300型機 8機DHC-8-200型機 1機ユニクラブ立栄航空のマイレージサービスである。マイレージはこのユニクラブに加算するかエバー航空のエバーグリーンクラブに加算するか選べる。事故1999年8月24日、873便 (MD-90型機) の台北の花蓮空港での離陸中に、滑走路上で胴体中央部に爆発が起こり、1人が死亡した。原因は特定されていない。2001年1月15日、台南空港から金門へ向かう 695便 (DHC-8-300) が着陸時に突風 (ウィンド・シア) を受け、バランスを崩して主脚を折損した。この事故での死者、負傷者はない。関連項目エバー航空外部リンク立榮航空公司エバー航空 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%8B%E6%A0%84%E8%88%AA%E7%A9%BA

辺野古案への反対貫く=稲嶺氏(時事通信)
小沢氏、米国に注文「訪米するならそれなりの…」(産経新聞)
農水省で1億円の不正経理 翌年度納入など駆使(産経新聞)
自民が審議拒否の方針、小沢氏国会招致求め(読売新聞)
失業保険の給付期間2倍に=元派遣社員の請求認める−労働保険審査会(時事通信)
posted by アオヤギ マサヒロ at 23:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。